松浦議員の土下座での謝罪理由は?Facebookや札幌ドームの建設に関わっていたことも

5月27日に札幌市議会の議場で突然、松浦忠議員が土下座での謝罪しました。

その土下座をした理由は何か?お伝えしたいと思います。

そして、大きな野球場を提案した人だったという。

スポンサードリンク

土下座での謝罪理由は?

土下座で謝罪した理由は、勝手に議長の椅子に座ったからだぞうです。

「私が議長だ!」などの声をあげたそうです。

27日の札幌市議会の議場で突然、靴を脱ぎ「大変みなさん、申し訳ありませんでした」と土下座した松浦忠議員(79)。
 松浦議員は13日、選挙後の議長を決めるための臨時議長に就任しましたが、議長の決め方についてあらかじめ決められた「互選」ではなく、「立候補」により決めると持論を展開して議長席に9時間近く居座りました。
 松浦議員は臨時議長を解任され議長席を離れたあと、会派間の調整で決まる慣例の議長人事について「なあなあで、居酒屋談議でやるのはダメ。(議長選挙に)立候補制の一石を投じる」などと主張していました。
 松浦議員に対しては懲罰動議が提出され、27日、懲罰委員会を設置するための本会議が開かれました。松浦議員は発言を求め、「長時間議事を停滞させ、大変ご迷惑をおかけした。深く陳謝を申し上げる。私も反省し、研鑽をかさねていきたいと思うので、特段の寛容な措置をお願いする」と述べ、降壇すると突然、土下座して謝罪しました。本会議終了後、突然の謝罪に転じた理由を尋ねる報道陣に松浦議員は無言を貫きました。

HTBニュース

そしてこの後、松浦議員の処分を検討することを決めたそうです。

27日、設置された懲罰委員会では、今後、閉会中審査で松浦議員への処分を検討することを決めました。懲罰委員会では一番重い処分で議員の身分を失う「除名」もありうることから、謝罪について一部の議員からは、「除名処分を回避するためでは」という声も漏れています。

HTBニュース

議員としてやっていけるのかどうかはまだ不明です。

しかし、9時間ぐらいこれによって長引いたのですから厳しい処分が下されるかもしれませんね。

松浦忠議員のプロフィール

生年月日:1940年1月24日

年齢:79歳

出身高校:滝川工業高校電気科

当選日:1983年 札幌市議会議員に初当選

配偶者:松浦寛子

スポンサードリンク

Facebookやツイッターはやっているのか?

ネットで検索をかけたところ、そのような情報はありませんせした。

しかし、名前などを変えてやっている可能性もあります。

見つけ次第お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

札幌ドームを最初に提案した

実は松浦議員は札幌ドームの建設関わり、重大な役目を成し遂げた人物でした。

札幌ドームといえば北海道日本ハムファイターズのホームグランドですね。

はじめは東札幌に建設予定だった


 札幌市に全天候型多目的ドームを建設してプロ野球球団を誘致しようと、私、松浦忠が1987年3月に、札幌市で初めて具体的な提案をおこないました。

 その内容は旧国鉄東札幌駅跡地に、120億円をかけた多目的ドームの建設し、周辺に公園や市営住宅を建設し、商店街を整備するというものです。JR菊水駅を新設し、そこからドームまでの道路を建設し、菊水、菊水上町地区も含む再開発事業も盛り込みました。

 ドーム建設資金は、国のNTT株売却資金の貸し付けを利用できる目途もあって、当時の板垣市長も積極的で、東札幌地区での建設が決まる直前まで計画が進んでいました。

 札幌市は第三次長期総合計画に盛り込みました。

札幌市議会議員公式サイト

このようにかなりすごい人です。

プロ野球の球場の建設に関わることは滅多にできないと思うのです。

スポンサードリンク

ネットの声

スポンサードリンク

まとめ

勝手に議長の椅子に座りつけた理由はまだ他にもあると思います。

ただ議長の椅子に座りたかった、だけなのでしょうか?

また新たな情報が入りましたら記事にしたいと思います。

問い合わせの種類を選んでください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です