太鼓の達人ユニット盗難事件手慣れている?実は前にも同じことを繰り返していた可能性も?

今年の4月に愛知県北名古屋市で起こった、「太鼓の達人、盗難事件

ゲームセンターにある、太鼓のユニットが盗まれる事件が起きました。

事件が起こって、約一ヶ月がたちます。

何度も動画を見返しますが、少年たちの手慣れた行動は前にも同じ盗みを繰り返しているのでは?

スポンサードリンク

少年たちの名前は?年齢は?

前にもお伝えしたとおり、中学生あるいは高校生であることは間違えないでしょう。

そして、黒い服を着ての盗難。

あまりにも堂々とした盗みになっています。

スポンサードリンク

手慣れた盗難はどこで?

今回の事件で、あまりにも手際の良さにど肝を抜かれました。

その手際の良さはどこで、習得をしたのか?

もしかしたら、前にも同じ犯行を犯している可能性も高いわけです。

今回は太鼓の達人のユニットでの盗難がありました。

このような手際は、まず小さい商品での万引きをしていることは間違い無いでしょう。

まずは小さい商品から盗みそして、徐々に大きな商品へとつながるのです。

犯行に自信がつけばつくほど、盗みも過激になってきます。

今回の事件も同じように、自身のついた犯行によってカメラの前で堂々と犯行に及んだかもしれませんね。

他にも同じ手口で犯行に及んだことは間違いないと思います。

盗みになれた犯行は厄介ですね。

スポンサードリンク

専門家も驚き!

犯罪ジャーナリストである、小川泰平氏もこのように指摘している。

慣れている犯行」

初めて盗んで行ったとは思えない動きです。」

ジャーナリストがこのように指摘するのは、めったに無いことです。

少年たちのなれた行動に思わず声をあげてしまったのでしょう。

ジャーナリストである、小川泰平氏は元神奈川県警察の刑事であったと言っています。

警察官の頃は、様々な犯罪を経験していてそして引退してジャーナリストになりました。

ジャーナリストが驚きを示すほどの少年たちの犯罪は、ただ者では無いと思います。

過去には、どんな犯罪をしてきたのか?

その他にも、どのような盗みをしてきたのか?

興味がありますね。

スポンサードリンク

まとめ

盗みは言うまでもなく、犯罪です。

それでも、犯罪をしようとしている人には読んでほしい記事でもあります。

ネットの声などでも

など、批判の声が殺到しています。

逆に、「セキュリティーの低い店にも責任がある」

など賛否両論のネットの声が上がっています。

どっちが悪いとなれば、もちろん少年たちでありますが。

セキュリティーの低い店にも責任があると思われます。

がしかし、少年たちは今後反省をしてまた社会に復帰してほしいと私は思います。

問い合わせの種類を選んでください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です