池袋をプリウスで暴走した、高齢男性に薬物反応は?そして遺族が悲しみの記者会見

今月4月の中盤で高齢男性、(87)が車を暴走させて松永さん親子がはねられ死亡しました。

このことに、遺族である男性が悲しみの記者会見を行いました。

メディアでは、報じらえれてない。

薬物の使用があるのではないかと思います。

そして、はねた高齢者男性は旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長であることが判明。

スポンサードリンク

事故の原因は?

事故の原因としましては、飯塚元院長がアクセルを思いっきりふみ通行人である、松永さん親子をはねました。

なぜ、思いっきり踏んだのか?

理由としましては、「アクセルとブレーキを間違えた」と言っています

暴走したのに、アクセルとブレーキを踏み間違える?

私はもっと他にも理由があるのではと思います。

警視庁の調べでは、曖昧な捜索になっていて情報を掴みきれていません。

そして、犯人は急病中だということがわかりました。

スポンサードリンク

犯人は誰?

先ほどもお伝えした通り、犯人は

旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長

であることがわかりました。

この人の学歴を見ても相当優秀であることがわかります。

院長ですから・・・

しかし、いくら偉くてもこれはないのでは?

と私は思います。

スポンサードリンク

なぜ逮捕されないの?

みなさんが気になっているかもしれませえが、実はこの犯人は逮捕されていません。

理由はわかりませんが、おそらく

「院長だから」

とかではないかと思っています。

院長だから逮捕されないの?

といい加減な警視庁の対応はどうなのかと思います。

そして、この犯人は急病中。

私は何か裏があるのではと思います。

スポンサードリンク

実は薬物を使用していたのでは?

まだ情報としては出ていませんが、飯塚元院長に薬物の疑いがあるのでは?

とあります。

私は、意味もなくスピードを出して暴走して衝突したのはアクセルの踏み間違えではないのでは?

と思います。

薬物を使用して、踏み間違えたのでは?

その可能性もあります。

ちょっと前の事件でも同じことがありました。


東京・JR池袋駅近くで車が暴走し、8人が死傷した事件で25日、運転していた男(37)の埼玉県の自宅や、脱法ハーブを入手した店などを捜索しました。

が脱法ハーブを購入したのは、JR池袋駅北口付近のビルの一室にある店。現場から約150メートルの場所でした。男は「駅北口辺りまでは覚えているが、その後警官に声をかけられるまで記憶がない」と話しています。

脱法ハーブは違法薬物に似た成分を添加した植物片で、乱用すると意識障害や健康被害を起こします。この類のドラッグによる運転事故は、昨年で38件40人と増加していました。

このような事件が多発しています。

病院の院長となると、薬物の入手は困難ではないはずです。

スポンサードリンク

ご遺族の夫、涙の会見

「寿命尽きるまで一緒のはずが」

この言葉に涙をこらえました。

お子さんも幼く、奥さんもまだ若くして亡くなられてしまいました。

これからって時に、このようなことになってしまいました。

スポンサードリンク

ネットの反応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です