終身雇用がなくなる?その理由は?なくならないうちに自営業をすればいいのでは?

経団連の中西会長が終身雇用を続けるのは難しいと発言しました。

その理由はなんのか?

続けられないなら、今の仕事を辞めて自営業をすればいいのでは?

と色々な声が上がっています。

スポンサードリンク

終身雇用とは?

学校卒業後すぐに就職した企業に、定年まで在籍し続けることを前提としたことです。

言い換えれば、採用した学生に定年までお願いしますといった企業が学生と契約する。

この契約のようなものは、「最後まで、あなたと一緒に働きますよ」といったものです。

もちろんこれは、バイトにもあることです。

スポンサードリンク

中西会長の発言の意味は?

「終身雇用制度を続けるのは無理がある」この言葉の意味とは?

私が思うに、定年までこの会社に残ってくれないことが多いからこの制度を変えましょう。

と言ってるように思います。


もし転職して、その会社に入ったとしても後から入ってきたことは事実であるから。

最初の正社員と給料の差までもついてしまうのです。

そして、大学や経済にも大きな溝になってしまうとのことです。

スポンサードリンク

なくなる前に自営業をすればいいのでは?

メリットとしては、自分が会社を立ち上げればいいのです。

自分で考えて自分で行動できるからです。

自分の得意とすることができる。

それが最大のメリットだと思います。

自分が社長になって、お客さんの喜ぶ企画を考えてそれを実行に移す。

と成功した分だけ、稼げることができます。

もし、終身雇用がなくなるならそれも考えることもありですね。

スポンサードリンク

ネットの反応


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です