秋葉原人気牛丼店サンボ閉店の理由は、喧嘩が原因だった

秋葉原にある、人気牛丼店サンボが2019年4月5日をもって閉店をした。

人気の牛丼店だったために地元の住民は、悲しい声が上がっているという。

スポンサードリンク

店主の経歴

店主の名前は不明ではあるが、どうやら吉野家で働いていたことが判明した。

吉野家の黎明期に修行を積み、秋葉原に「サンボ」を経営したという。

当時はかなりの有名店だったらしく、全国からくる客がたくさんいたという。

スポンサードリンク

店内は携帯禁止?

「サンボ」は店内での携帯が禁止らしく、店主がよく怒っていたという。

日本人にはよくある光景だが、サンボは携帯の使用が禁止されていたというがなぜなのだろうか?

食べ物を、ツイートしたりブログに載せるのはマナー違反だということなのだろうか?

ツイートやブログに載せて貰えば、有名店になりお客さんが増えたと思うが・・・

店主は一体何を理由で、携帯の使用を禁止にしたのか。

スポンサードリンク

味が不味いと言われ、値上がり

「不味いのに値上がりかよ!」

という、客の声がよく聞こえていたという。

店主は、何を思って値上がりしたのか?

不味いと言われ、値上がりした可能性も十分にある。

スポンサードリンク

喧嘩が原因か?

よく店主に怒鳴られて、働いてた人がいるという。

従業員の張り紙とかは、あったが人が集まらなかった。

よく怒られていた人が店主と喧嘩し、それで店主がしびれをきらし閉店したのではないかという。

よく、店主に怒鳴られてという人は今はどんな気持ちだろうか・・

意味もなく、怒れら喧嘩になった理由もわからないが今後調べて記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

本日をもって、サンボは経営を終了してしまったわけではあるが本当に営業が終了したのかは不明である。

張り紙がなくなっていたというのが、あり勝手に決めつけている人もいます。

喧嘩の理由につきましては、まだ詳細は不明です。

なんども、怒られていた従業員がしびれをきらし喧嘩が勃発したのでは・・

という噂が立っています。

このような、身勝手な店仕舞いはやめて欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です