藤浪晋太郎トレード先はどこか?それとイップス克服の目処は

今日本プロ野球界で噂になっているのは、藤浪選手のトレード先である。

今候補に挙がっているのは、西武あるいはソフトバンクである。

とされています。

反応を見る限り、「まだ使える」あるいは「藤浪は欲しいと」言う声もあります。

しかし、あくまで噂でもあるので明確ではないと言う。

ただし、トレードは決定していると言う。

スポンサードリンク

藤浪選手の経歴

出身地:大阪府堺市南区

生年月日:1994年4月12日

身長:197cm

体重:101kg

投球・打席:右投右打

ポジション:投手


スポンサードリンク

藤浪選手はイップス

 

このことは、もう知っている人もいるかもしれませんが藤浪選手はイップスであることは確かです。

ボールが思うように行かない・・

と藤浪選手は思っているはずです。

原因としては、相手選手への死球が原因とされています。

相手選手をぶつけてしまった、事への申し訳ない気持ちで生まれてしまったのでしょう・・

スポンサードリンク

そもそもイップスて?

そもそもイップスとはなんぞや?

と思う方もいるかもしれません。

イップスというのは、精神状態の不安定から引き起こされる病です。

投球障害

と言われるものです。

どう言った形で発症するのかというと、自分のプレーで相手選手に怪我を負わせてしまったことが原因というのもあります。

藤浪選手はそれが原因というのもありますね。

それから実は、投球動作の改造というのもあります。

実は、投球動作が原因でイップスになってしまうこともあるらしいです。

スポンサードリンク

金本前監督が原因でもある?

実はもう一つ原因なのは、金本前監督が原因の一つでもあります。

ある日のブルペンで、金本前監督が藤浪選手に「こうやって投げろ」

と練習で叩きこまれたのが原因でもあります。

長い野球人生のなかで、自分に合っているフォームを改造された藤浪選手は

自分の投球動作を忘れてしまったのではないかと思います。

ベンチでもピリピリした感じがあり、若手選手は怖がっていたというのもあります。

高校時代の藤浪選手の投球動作が戻ってきてくれると嬉しいです。

スポンサードリンク

オリックスにもトレードの交渉中?

実は2球団ではなく、3球団も交渉中だという。

それが、オリックスバッファローズである。

今シーズンオリックスは投手層が狭いとされています。

FA(フリーエージェント)で移籍してしまった。

金子選手の代わりというのではないかとされています。

ただし、まだ交渉中であるためどこの球団に行くのかは不明です。

また、どの選手とトレードするのかも不明です。

私はオリックスに入団し、金子選手の代わりになると思われます。

スポンサードリンク

まとめ

藤浪選手のトレード先はまだ決まっていなく、早くても5月ぐらいになるかと思います。

先ほども言いましたが、

入団先はオリックスだと、私は思います。

FAで移籍してしまった、金子千尋選手の代わりとなるのではないでしょうか。

また、イップスに関しましては2軍で調整して直して欲しいです。

新天地移籍後恐らく、2軍からのスタートになるのではないかと思います。

そこでイップスを克服し、新たな藤浪晋太郎を拝めたいですね。

頑張って欲しいです!

問い合わせの種類を選んでください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です