藤浪晋太郎に見て欲しいイップス(投球障害)の治し方

この記事を読んでいる方は、おそらくイップスあるいはもしかしたら自分はイップスかもしれないという人達が読んでいることでしょう。

私も高校生のころイップスでした。

野球選手にはよくある精神的問題と身体的問題です。野球だけでなく他のスポーツなどにもあります。

他のスポーツではどのようなケースで発症するのかわからないので、野球に関連して話していきたいと思います。

スポンサードリンク

どのようなケースで発症するの?

例えば、試合で、送球ミスをしたと言ったケースです。

送球ミスは大事な試合で負けてはいけない場面でそのようなミスをして負けてしまった。

負けたことも悔しいかもしれませんが、自分のミスでというのが必ず頭の中をよぎります。

自分のせいで負けてしまったという思いが、イップス発症につながります。

試合には負けたと同時に自分のミスで負けてしまった、このような重圧と責任感で一気に押し潰されてしまうのです。

そこから、同じミスの繰り返しで、送球ミスなどをしてしまうのです。

特徴としては、腕が縮こまってしまいボールを離す位置を忘れてしまうことです。

投げる前までは普通でもいざ投げようとすると、腕の動きがたこのように縮んでしまって腕の振りが鈍くなります。

このようなケースは精神的な問題で投げようとすればするほど腕が縮こまり自分の思うような動きができなくなってしまうのです。

私はどちらかというと、身体的な問題になります。

投球動作の改造をしすぎて、腕が頭の後ろから前に腕が出てこないようなことで私も発症しました。

精神的問題と身体的問題で似ているかもしれませんが違うのです。

精神的な問題では、大事な試合でミスをしてしまい発症。

身体的な問題では、投球動作の改造で発症。

簡単にいえば、ボールを投げることでは変わりはありませんが気持ちと体の問題になるのです。

なんで自分が、と思うかもしれませんが気持ちは十分わかります。

私もこのようなことで、発症してしまって気持ちやモチベーションが大きく低下してしまいました。

スポンサードリンク

どうやって治すの?

イップスを早く治したい。

気持ちはわかります、しかし焦ってはいけないのです同じ動作を繰り返すことによって、イップスは治ります。

そして、案外簡単に直せるのです。

投球障害は、気持ちから始まり体の方に流れるようになっています。

じゃあ、どうすればいいのか・・

ボールに気持ちをぶつければいいのです。

具体的には、ボールを地面に叩き地面に向かってボールを投げればいいのです。

大きく腕を振って、大きくボールを叩きつけます。

意識することは、藤川球児選手を意識してみてはいかがでしょう。

イップスだからといって、諦めることはないのです。諦めたらそこで終わりです。

先ほども言いましたが、気持ちは十分にわかります。

焦らず継続してやっていけば、絶対に治ります。

スポンサードリンク

藤浪晋太郎の発症原因

最初の発症原因が見られるとしたら、ヤクルトスワローズの畠山選手へのデッドボールでしょう。

そこから、打者に対するデッドボールが恐怖症となりイップスへと繋がっってしまったのだと思います。

イップスというのは、最初は体へと流れそこから心にきます。

ミスをしてはいけない。

これがイップス発症へと繋がってしまいます。

スポンサードリンク

自分はイップスと認める。

自分はイップスだというのは早めに認めるようにしましょう。

この記事を見て、自分が同じような症状かもしれないと思ったら認めてすぐさま改善しましょう。

信じたくない気持ちはわかります。

イップスというのは、早めに自分が気づくことによって早めに治るケースがあります。

早めに気づいて、早めの行動を心掛けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

イップスというのは、気持ちからはじまり体へと伝わります。

自分がイップスだと認め、すぐさま改善が必要です。

何ヶ月かかろうが、何年かかろうが絶対に諦めないでください。野球が好きというのは一番大切です。

どんなことでも治すことを絶対条件にしてください。

希望は捨てないでください。

問い合わせの種類を選んでください。
 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です